プライベートヌード

 現代の日本では、女性のプライベートヌードを撮るための環境は整っているといえます。特に撮影装置については、携帯にも動画撮影も可能なカメラがついているのですから、その気になればいつでも出来ます。

 一方で、女性にとってヌードを撮らせることは、非常な危険を伴います。写真をフィルムで撮るしかなかった時代とは違い、現像プロセスも不要で、コピーは無限に出来てしまうのですから。

 それだけに、撮る側は相手の信頼を得る必要がありますし、決してその信頼を裏切るべきではないでしょう。画像を保管するにしても、様々な漏洩リスクを考慮して管理しなくてはなりません。

 相手にもよりますが、撮影の最初のハードルは、盛り上がっている状態でするハメ撮りの方が越えやすいと思います。しかし、それでも変態扱いされる覚悟はしておく必要があるでしょう。

 自分を可愛い、美しいと思っている女性に対しては、ストレートにヌード撮影をお願いした方が、承認を得やすいかもしれません。秘密保持と顔を写さないことを確約し、誠意を持ってその約束を守ることでしょう。

 ヌード撮影で顔を撮らせるということは、法律的にはどうであれ、自分のすべてを無条件に委ねるに等しい行為だという事を、女性は十分に認識しておく必要があります。